blog index

a day in their life

ファンブログやめて8年 ブログ休止して7年
活動休止宣言した嵐をあと2年 悔いなく応援しようと戻ってきた嵐ファンのブログ
<< 相葉すごろくの極意.(9/28 レコメン嵐リミックス) | main | ノンストップですね.(9/30 bay storm) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ささやかな誕生日.(9/29 まごまご嵐)
我が大学の学生の多さに吐き気.

こんにちはハート 多いよっ!!人混み嫌いなんですよポロリ 毎年学生を取りすぎです.(←下の学年は,計算間違えて300人くらい多く取ってしまったという噂.)

後期は,全て午後から授業.しかも水曜日はお休み,という何とも優雅な生活のわけですが.私の性格上,朝にさっさと済ませて帰ってきた方がよかったかな,とたらーっ 早速の後悔をしているところです.

相変わらず,心は今度の7,8日に飛んでしまっています.嵐コンももちろん楽しみなんですけど,それ以上にお友達と遊ぶのが楽しみでしょうがないんですよね〜.ご飯食べてー,カラオケ行ってー,おしゃべりしてー,っていうの.早く来い来いハート

それでは本日,まごレポを書いています.読んでくださる方は続きへどうぞ.(あーあ,あと数回で終わりかあせあせ)あ,でもそういえば,放送される地域が増えたみたいですよ.目指せ全国放送アイドル!
チャペル まごまご嵐 9/29 「嵐の一日孫になります」

阿部さん「今日の孫は、どこかな〜?」
潤「・・・」

かったるそうに一人登場する潤さん。(←喝を入れたい。)

父が潤さん見て、「太った?」って(泣)。時期的には、新潟コン終了して2,3日後なんですが。

新潟で、お前さんは何をそんなに食ったんだ(T_T)

相方が映りません。今日はお一人様ですか?と、

智「ぼけろ!ぼけろ!」

カメラの横で、カンペを持って立ってる智くん。そのカンペをひったくって、潤くんが頭をはたいてました(笑)。

本日は、千葉県南房総市。おじいちゃん・おばあちゃんのご近所さんから、「孫が数年来ていなくて寂しそうなので、遊びに行ってあげて下さい」とのことです。

潤「孫が来なくて寂しがってるおじいちゃん・おばあちゃんの所に行くわけですけども」
智「今日は思い切り楽しませてあげたいね」
潤「なるほど。じゃあ」

ADさんから「意気込みを」と書かれたカンペを取り上げて、智くんの前に掲げる潤くん。

智「今日は俺がおじいちゃん、おばあちゃんを楽しませてみせる!!」(←ガッツポーズ.)

何だかヘロヘロなお芝居に見えてしまいました(爆)。

お家に移動中。

潤「今日の孫は、ここだよ〜!さあ、というわけで、千葉県南房総市にやってきました」
智「あ、カットですか、今までのは(笑)」
潤「はい」

智さんの芝居が気に入らなかったみたいですねたらーっ

お家に到着しました。家の前では、おじいちゃんが待っててくれています。

智「こんにちは!」
潤「孫になりに来ましたー!」
じぃ「こんにちは」

おじいちゃん、にこにこしています。と、家のガレージの中に、おばあちゃんが腰掛けています。

智「ばあちゃん!」
潤「ばあちゃん、こんにちは」
ばぁ「はい、こんにちは」
潤「ばあちゃん、どうした?」
ばぁ「ぎっくり腰になっちゃってね」
潤「え!」
智「大丈夫?」

腰が痛くてつらそうです。

中に入って改めて挨拶。

智「何か、孫が来ないって聞いたんだけど」
じぃ「そう。盆とか正月には来てくれてたんですけど。大きくなってから、全然来なくなっちゃって」
智「寂しいよね?」
じぃ「そりゃそうですよ」
智「まあ今日は。俺らが孫だから!」
潤「ふっ(笑)。俺らが孫だから」
智「今日は何をやればいいのかな?」

ここまでレポして何か違和感を感じると思ったら、

智くんが仕切ってるせいだ(爆)。(←失礼超。)

ばぁ「もうお昼の時刻なんで、作る方をやってもらいたい。お米は研いであるの」
潤「おおっ。大野さん、やっちゃったらいいんじゃない?得意のチャーハン!」
智「やっちゃう??」

隣にいた母が、即行「潤くんが作った方がいい」と言っておりました[:ふぅ〜ん:]

とりあえず全員で台所に移動します。おばあちゃんが立ち上がるときに、潤くんが支えてあげてたのに、きゅんっ。

冷蔵庫の中身をチェックしていると、

潤「じいちゃん、何でそこに花火があるの?」

棚の上に沢山の花火。

じぃ「孫が来たときにね」
ばぁ「いつもやってたんだよ」

用意していてくれたみたいですラッキー

潤「じゃあ今日やろっか?」
智「やろう!」
潤「これで雨降ってきたら最悪だけどね(笑)」(←降水確率が70%の日だったそう。)

潤くんが冷蔵庫の中を覗きます。

潤「リーダー!チャーハン何入れるの?」
智「とりあえず、・・・あるもん全部!!」

管理人は,只今闇鍋と同じ恐怖を味わってます[:ふぅ〜ん:]

智「あるものを入れる。いつもそうしてるし!」
潤「それは危険だろ〜(笑)」

ですから闇鍋と同じ恐怖を(←以下略。)

と、おじいちゃんがいつの間にかいなくなってしまいました。

潤「早くもじいちゃんが見あたらない。ばあちゃん、ちょっとごめんね」

おばあちゃんの後ろを通り抜けて、おじいちゃんを探しに行きます。居間で発見したおじいちゃんは、お酒を飲んでいました(笑)。

潤「じいちゃん(笑)。早いな〜」

そう言いつつ、潤くんもおじいちゃんとお酒を飲むことに。

潤「今日は展開が早いな(笑)」

飲んでいるのは、日本酒でしょうか。

潤「お酒好きなの?」
じぃ「好きですね」
潤「いっつも飲んでる?」
じぃ「毎日ですね」
潤「へえ〜。ばあちゃんは飲むの?」
じぃ「ばあちゃんは飲まない」

おじいちゃんはいっつも1人で飲んでいるようですね。でも、

じぃ「孫さんが来てくれてよかった」
潤「ホント?それは嬉しい。まあ、今日は楽しもうよ」

と言いつつ、

潤さ〜ん?酔ってませんか〜?目据わってますよ〜??

台所の智くんは、ジャガイモの皮をむいています。隣にはおばあちゃん。

ばぁ「料理好き?」
智「仕事とかで、最近よくやるから」
ばぁ「料理と言えばさ。いっつも見てる。10chの料理番組、一生懸命に見てる」

それはもしや、愛のエプロン!

智「・・・8chは見ないの(笑)?」
ばぁ「8ch・・・、見たことないねえ!」

あらららら。嵐認識されてるのかしらたらーっ

ぎっくり腰になっちゃったおばあちゃん、立っているのがつらそうです。

智「ばあちゃん、座ってなよ」
ばぁ「椅子があればいいんだけどね」
智「ないの?」
ばぁ「向こうにある。青いの」

隣の部屋に智くんが探しに行くと、確かにあります。が、古いし、上に物が載ってるし。それをどけて運ぼうとする智くん。

潤「どした?」(←まだ宴会中。アルバムみせてもらってます。)
智「いや、ばあちゃんを座らせようと思ってね」

そう言いながら、椅子を台所に運んでいくんですが、居間の2人を見て、

智「くそっ!飲んでやがるっ(笑)」

結構さぼれない智くんですたらーっ

椅子におばあちゃんを座らせるときに、手を貸していた智くん。優しいニコニコ

ばぁ「悪いね」
智「・・・何も言えねえや(笑)」

そう言いながらも、しっかりと仕事をこなしていきます。えらいねえ〜。良い子だね〜。

一方宴会が終了した潤くんは、庭でおじいちゃんと写真を撮っています。

潤「撮るよー?じいちゃん、緊張してる?」
じぃ「写真好きじゃないんだ(笑)」
潤「好きじゃないって(笑)。それは困る」

潤くんは写真好きですからなたらーっ

で、カメラをセットして、今度はおじいちゃんとツーショットを撮る潤くん。おじいちゃんの後ろから顔をぴょこんと覗かせて、ピースしている潤くんが、可愛くて可愛くて。(←珍しく素直に溺愛。)

その頃智くんは、チャーハン作りの真っ最中。味見をしていますが?

智「よくわかんねえや!!」

闇鍋と同じ恐怖、再び[:ふぅ〜ん:]

お昼の時間です。智くんが作ったチャーハンと、おばあちゃんが作ったポテトサラダ。(←ポテトサラダも何か足りない気がするんだよな・・・。)

チャーハンを口に入れるおじいちゃん、おばあちゃん。

智「どう?」
ばぁ「・・・」
じぃ「・・・」
潤「・・・大野さん」
智「新しくない?僕がチャーハンを作ると、人は黙るんです(笑)」

何回か同じような目に遭ってるんで、決して新しくはないと思います。(←きっぱり。)

しかし、おばあちゃんのポテトサラダも、マヨネーズを入れ忘れたそうで(笑)。

智「まあ、楽しいよね?」
ばぁ「うん・・・」
智「つまんなそうだけどね(笑)!」

智くんの料理の腕は、一体どんなもんなのでしょうか。またわからなくなってきました。

さあ、続いてあのコーナー。

潤「孫が聞きたいあの話」
智「おじいちゃん、おばあちゃん、昔は若かったのよ」
潤・智「「ラブラブトーク!」」
潤「結婚してから何年目ですか?」
じぃ「2,3年前に50年だった」
潤「何歳の時に結婚したの?」
じぃ「24歳」

今の潤くんの年ですねポッ

智「ばあちゃんはそのとき何歳?」
ばぁ「私の方が上」
潤「え、今いくつ?」
ばぁ「80歳。もう来るべき所まで来たから、いつ逝ってもいい」
潤「いやいやいや!」
智「だめだよ」
潤「ちなみにいつ誕生日だったの?」
ばぁ「一昨日」
智「へっ?」
潤「今日、9/5だから、3日ってこと?」
ばぁ「そう」
智「何か・・・『おめでとう』みたいなのはあったの?」
ばぁ「ないよ(笑)!」
智「じいちゃん、言わなかったの?」
じぃ「言わないよ(笑)」
智「でも『おめでとう』くらいはあっても・・・ねえ(笑)?」

昔はお子さんにエプロンをもらったりしていたそうなんですが、最近そういうことは全くないそうです。

お昼も終了し、孫達は外で相談。おばあちゃんが一昨日誕生日だったという話から。

潤「やっちゃったらいいんじゃない?大野さん得意のサプライズ」

・・・得意だったんだ・・・[:ふぅ〜ん:]

智「まあ、ばあちゃん、ぎっくり腰だしね」
潤「うん、つらそうだったもんね。ここは、大野さん得意の、何か作っちゃう系ですか?」
智「椅子がね。一応あったんだけど、すんごい汚いのよ(笑)」

はっきり言うわねたらーっ

お家に戻ると、おばあちゃんは疲れているのか、お昼寝中。おじいちゃんも交えて孫達は、椅子のデザインを考えています。智くんがデザイン画を描いてます。

潤「背もたれなくていいの?」
智「いるよね」

できあがったデザイン画を見て、

智「できそう?じいちゃん」
じぃ「いいのができそうだ。・・・職人さんみたいに、穴開けてとかはできないけど」
智「でも頑丈だったらいいよね?」
じぃ「うん」

そんなわけで、智くんとおじいちゃんは、外の物置で材料探し。よさそうな木を見つけて、智くんがのこぎりで切っていきます。

一方潤くんは、ケーキを作ろうと、冷蔵庫の中を物色中。

潤「牛乳と・・・、卵と・・・。あとアイスもあるな。・・・このアイス、すげぇ溶けてんだけど(笑)」

後はめぼしい材料は?

潤「・・・何もねえな(苦笑)」

外にいるお兄さんに相談しにいく弟。

珍しく年下っぽい(爆)。

潤「ケーキ作ろうと思ったんだけど・・・、何もないんだよね」
智「ないの?」
潤「うん。牛乳と卵しかない。あとアイスが1個」
智「アイスか・・・(笑)。でもこの辺(お店)何もないもんね?」
潤「うん・・・。あ、じいちゃん、この辺、ご近所さんいる?」

またもらいに行くんか[:ふぅ〜ん:] (←子供の晩ご飯で、買い物にも行かずに近所から恵んでもらった経験のあるヤツ。)

じぃ「どこ?」
潤「この辺」
じぃ「ああ。・・・向こうは空き家だけど」
潤「空き家かー(笑)!」

ひとまずお家に戻って、もう1度台所を物色。と、

潤「おっ、ホットケーキミックスがあったよ!これいいじゃん。これで生地作れるじゃん!」

よかったね さあ美味しいもん作ってください!

ボールに空けて、かき混ぜてフライパンで焼いてひっくり返すんですが

・・・ホットケーキらしからぬ色なんですが、おにーさん。(←真っ黒。)

潤「ひゃははは!大丈夫!これ、ひっくり返せばいいんだもんっ(笑)」(←強引超.)

本日の孫は、料理が絶不調

智くんはおじいちゃんと椅子作り続行中。

智「今日さ、ばあちゃんにこれ渡すときに、『おめでとう』って言わない?」
じぃ「ふふ。・・・思い切って言ってみるか」
智「うん!」

ケーキを作り終わったらしい潤くんも、お昼寝から起きたおばあちゃんと、おじいちゃんについて話しています。

潤「やっぱり感謝してる?」
ばぁ「そう。いっつも私が好きなこと、わがまま言ってるから」
潤「でも、そういう感謝ってなかなか言えない?」
ばぁ「言えないね。素直になれないから。私が」
潤「ばあちゃんが?」
ばぁ「うん」

似た者同士のご夫婦のようですねラッキー

さて、夜が近づいてまいりました。庭で花火とパーティーをするようです。おじいちゃんの前には、智くんと作った椅子があります。カバーかけられて、隠されてますけど。

潤「はい、暗くなってきましたね」
智「はい、そろそろ始めましょう。じいちゃん、いいですか?」
じぃ「はい」
潤「じゃあ俺、ばあちゃん呼んでくるね」

そう言って、家の中からおばあちゃんを呼んできました。

智「じゃあ、じいちゃん、どうぞ」
じぃ「・・・ばあさん、誕生日おめでとう」
ばぁ「ははは」
じぃ「いつもありがとう。これからもよろしく」
ばぁ「はい、こちらこそ」

おじいちゃんがカバーを取ると、手作りの丸椅子が。

ばぁ「おおおお!すごいね、これ」
智「じいちゃんと作ったんだよ」
潤「ばあちゃん、座ってみなよ」
ばぁ「座んのもったいないね、これ。勉強机にもなるよ!」

孫達の手を借りて、おばあちゃんが椅子に腰掛けます。

智「どう?楽?」
ばぁ「はい。どうもありがとう」

と、潤くんがホットケーキを持ってきます。

潤「ばあちゃん。ケーキ作ろうと思って、焼いたんだけど」

やっぱ焦げた方、下にしたね、おにーさん(笑)。

潤「写真撮るね。じいちゃん、ばあちゃんに食べさせてあげて」
ばぁ「赤ん坊じゃないんだから(笑)!一人で食べれるよ」

照れていた2人ですが、ちゃんとおじいちゃんがおばあちゃんに食べさせてあげて、とっても言い写真が撮れました

庭で4人で花火をして。孫達はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんもとっても楽しそうにしてくれていました。よかったね

お別れの時間です。

潤「じいちゃん、ばあちゃん、今日はありがとうございました」
ばぁ「はい、ありがとう」
智「腰お大事にね。体に気をつけて。じいちゃんも」
じぃ「ありがとうございました」
潤「じゃあね!」
ばぁ「また機会があったらいつでも」
潤「うん!ありがとう」
智「ばいばい!」

お家を出てから、

潤「いやあ・・・、楽しかったね」
智「そうだね。・・・チャーハンが残念な結果に終わりましたけど」
潤「いや、残念なのはこっちですよ(笑)。むしろ」
智「ふふっ」
潤「まあでも、いい孫だったんじゃないですか?ね?ありがとうございました」

握手を交わす2人。

チクチク。(←嫉妬の気持ちが胸を刺します。)

潤「じゃあ僕らは帰りましょうか、都内に」
智「帰ろう!」

肩を組む2人。

イライラ。(←完全に妬いてます。)

孫達と別れたおじいちゃん、おばあちゃんは、と言えば。

じぃ「楽しかったです、とても」

おばあちゃんに至っては、泣いちゃってました

椅子をとっても気に入ってくれたようです。

ばぁ「よく思いついたね、これ。大事にします」

今回もいい孫でした。

この回、5人トークなし。GRA嵐の予告をやってました。ぶっちゃけた感想を。

・・・宿題くんとの違いは[:ふぅ〜ん:]

楽しければいいな。

次回は、大宮が以前孫に行ったお家に、再び孫になりに行くそうです。ニノみぃ,久々の登場でラストなんでしょうかひやひや
| みっこ | まごまご嵐の話 | 11:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ