blog index

a day in their life

ファンブログやめて8年 ブログ休止して7年
活動休止宣言した嵐をあと2年 悔いなく応援しようと戻ってきた嵐ファンのブログ
<< 誠意と総意 | main | 僕はここから成功願ってる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
振り返れば5人がいた

嵐ファン(出演しているテレビをほとんど追って、CDやDVDを買って、ファンクラブ会員だった頃)を離れてもう10年以上。

最近では唯一見ていたVS嵐さえも追えなくなって、見なくなっていた。

 

それでも私の嵐に対するイメージって。

 

ファンが卒業していっても、追っかけられなくなっても、「行ってらっしゃい」って笑顔で見送ってくれて。

行った先でがんばってがんばって、でも疲れたりどうしようもなくなって。

振り返ったり戻ったりすると、必ずちゃんといてくれる。

 

勝手な思い込みだけどそんなイメージだった。

 

だから疲れたーつらいーってときには、嵐の番組見て元気もらって。

「あ、まごまご嵐(←懐かしい超)楽しみにもうちょっとがんばろう」って思ってたときもあった。

 

大学1年の時に、大切な親友をなくして、悲しくて悲しくて何もできなかったときに聞いていたのは嵐の曲だった。

 

大学時代、人付き合いが苦手で朝起きるのも億劫で、毎日「死んでしまいたい」って思っていたとき(今昔の自分のブログ読み返してるけど、たぶん鬱だった)、笑顔になれる時間は嵐の番組を見ているときだった。

 

人付き合いが苦手なのに、友達ができたのも嵐がきっかけだった。今でもつながっている嵐友さんがいる。

 

大学院のとき、親との関係も悪化して「誰にも理解してもらえない」「もう無理」ってなって、自殺未遂2回した。

このブログで「体調崩して倒れた」って書いた気がするけど、実はそうだった。

 

入院して心身共に休めている時期に、親が渡してくれた曲はやっぱり嵐だった。

退院して、「楽しいことしよう」って親が見せてくれたのはやっぱり嵐の番組だった。

 

それぐらいかけがえのない、大事なものだった。

でも、色々無理で、自分から離れてしまった。

決して嫌いになったわけじゃない。

好きだった。大好きだった。いや、今でも大好きだ。

 

良い状態のまま嵐ファンを終わりたいって思ってた。

翔ちゃんじゃないけど、翔ちゃんと同じニュアンスじゃないかもしれないけど

「嵐を宝箱に閉じ込めて」大事にしまっておきたかった。

 

いつかは嵐もいなくなってしまう。

ニノの言うとおり「無限ではない」から。

でも、私の中でそれは「今」じゃなかった。

「2年後」じゃなかった。

だからすごい今動揺している。

途方に暮れている。

 

「振り返ったら嵐がいる」。

でも2年後は?

もういないの?

 

勝手だけど。

離れておいて勝手なんだけど。

すごく寂しくて悲しくて心細くて。

 

でも5人の気持ちもよくわかるから。

「無責任」とか「やめないで」とかは思わなくて。

ただただ寂しくて心細くて。

 

でも2年あるから。

もう1回しっかり嵐を見て。

振り返って見るんじゃなくて、追いつけるようにちゃんと見て。

嵐がいなくてもがんばれる自分にならなくちゃって。

今、そう思ってる。

 

いつか戻ってきてくれるって言ってたから、待っててもいいのかな。

でも待ってることで、「早く戻らなきゃ」って気持ちにさせてしまうんじゃないか。

それも心配だな。

 

でも、待ちたいな。

ずっと待っていたいな。

| みっこ | 嵐の話 | 23:19 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:19 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ