blog index

a day in their life

ファンブログやめて8年 ブログ休止して7年
活動休止宣言した嵐をあと2年 悔いなく応援しようと戻ってきた嵐ファンのブログ
<< そんな彼女が嫁に行き。 | main | そのままでいてくれればもう何もいらない。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
両方のファンなので。(大奥感想)
JUGEMテーマ:

自分の小娘度を改めて実感。

こんにちは。
またまた久しぶりで失礼いたしました。

まあまあ元気です。
先月の初っぱなに、仕事でもんのすごいトラブりましたが。
上司も先輩もかばってくれて、私を悪くない、と言ってくれたのが救いでした。
守る、と言ってくれて、すんごい嬉しかったです。
もう、色々理不尽なこと多いけど(2年目に入って色々見えてきたからネ)、「ついてきます!」って感じです。
が、別のところで、色んな細かいことを注意されて(?)、若干疲れ気味なのも事実です。それさあ・・・私だけじゃないよねやってるの、あなたもやってるよねって。っていう(^^;) その言葉が、喉元まで上がっていてさあどうしましょ。

そして、業者がわんさか電話やら工事やら修理やら点検やら来て、最初の窓口を、うっかり私が受け持ってしまったばかりに、全ての質問が私のところに来ます・・・。
私に聞かれても!!っていうのが本音であり、もうさっぱりわけわからん。

電話回線、いつのまにか変わってたし。それすら今日知ったのに、その間のこと質問されてもねえ・・・。
モデムって何だよ!無線LANって何だよ!アダプターって何のやつだよ!とわめき散らしたいのを抑え。(←超基本事項で躓いている。)
もう、あまりにもわかんなすぎて、仕事中に何度、そういう仕事についているお友達に電話しようと思ったことか(笑)。
とりあえず営業スマイルでその場をやり過ごし、「折り返しお電話致します」と時間を稼ぎ、上司に報告、かけ直し、をここ2,3日ずっと繰り返しています。

こーんな小娘に説明されてもねえ・・・。まあ、向こうも「こーんな小娘に説明してもねえ・・・」って思ってるんでしょうけど(苦笑)。

でも、楽しいこともいっぱいありましたよ。

母校(高校。私が在学中に中学ができ、今では完全に中高一貫校)の文化祭に行ってきたり。
卒業から6年も経っているのに、うちの学年の集まりのよろしいことよろしいこと(笑)。
「集まりすぎだよね!」って自分たちで笑っていました。

在校生が作成した文化祭のパンフレット見ていたら、好きな芸能人ランキングが載っていて。
中学生が好きな男性芸能人ランキング、ベスト3が。

1位:翔ちゃん。(←うんうん。)
2位:ニノ。(←!?)
3位:智くん。(←!!)

でした。
すげーな嵐・・・。多分、載ってなかったけど、4位、5位も相葉ちゃんと潤くんだな、ということが容易に想像できます。
何かびっくりです。数年前ならどうだっただろ。と、何度も考えたことをまた考えてみる。
そして、花男人気でランクインすると思われた潤くんがランク外だったことにもちょっとびっくり。
そうか・・・中学生にあの顔はまだ刺激が強すぎるか。(←何の。)
でも,よかったね,ニノ.ここでは人気だよ(爆).
いろんなランキングで評価が低いけど,あれは,ランキングのお題がニノに不利すぎるんだい!
嵐ちゃんのランキングとかって,全部アウトドア系なんだもん.
ニノにそれを求めるのが無理だっつーの.

で,文化祭の1週間後に,ほぼ同じメンバーでカラオケ行ってきたり.楽しかったねー.また行こうねー♪
いつも受け身で自分から計画立てずに申し訳ない.

その1週間後には,ともりんさんとYさんとランチ&カラオケ.(←どんだけカラオケ行くん.)
遅ればせながら,ともりんさんの誕生日をお祝いさせて頂きました.

9月はそんなこんなで楽しさとつらさが入り交じり.
今月に入ってからは,仕事のつらさが怒濤のように押し寄せる(苦笑).
帰ってからも,ご飯食べる→片付ける→お風呂入る→寝る(就寝22時(苦笑).)の繰り返し.

あまりに仕事モードで,人との何気ない会話を最近しなさすぎて,ほぼ3ヶ月振りに会う坊を相手に,昨日,延々と近況報告しまくってたもんね(笑)!
いつも,喋ってもそんなに会話が続かなくて気まずかったんだけど,昨日は私が喋りまくっていました.
しばらく会わないうちに,私の「みっこ的・滑らない(かもしれない)話」のネタが増えていたもんで・・・.
坊は,そんな私の話を嫌がらずに聞いてくれました.ありがとう坊.13歳も年下の小娘の話に付き合ってくれてm(_ _)m 彼が帰った後に,こっそり拝んでおきました.(←ホントの坊さんじゃないから!)

仕事モードばっかりじゃいかん!と思って,水曜日には映画を見てきました.1人ですけど何か?1人で2本見ましたけど何か?
「君に届け」と「大奥」を見て参りました.

そういえば,ワタクシ最近,上司に「多部未華子に似てるって言われない?」と言われました.初めてです.(←なので,あんまりあてにならないかと.)ひっじょーに光栄です.多部ちゃん大好きなので.だがしかし.
「ほら,あれに出てた子だよ,えーっとGM!」と上司.

確かに出ていましたけども.私も見ていましたけども.
そのドラマの中でのあだ名が

座敷童ですとか.
お菊人形ですとか.

あと,「君に届け」でのあだ名が

貞子ですとか.

・・・ほめ言葉ととっていいのかはワタクシの解釈に委ねられているということでよろしいか.

「君に届け」,すごくよかったです.

で,続きで「大奥」の感想を書かせて頂きます.
※原作,映画のネタバレあり!!

5段階評価で行くと.

評価:2

ごめんなさい!!
あくまでも私の視点なので気になさらずに.

駄目なんだ.
私,原作の水野が非常に好きなんだ.
それこそ理想の男子なんだ.
友達に大奥借りて,すごく面白くて.
その後,自分で買い直したくらいだから.

だから,映画のキャストを聞いた時に,

「ちっ,ちっ,ちがう!!」とふるふるふるっと首を激しく振ってたのです.
これ,ニノの演技見れば,解消するかなと思ったけど,しなかった(苦笑).

ごめん.
ニノのことは大好きだ.
ニノの演技も大好きだ.

でも違うんだーーーー!!

だってまず身長足らんのだもん.

すいませんすいませんすいません.
世の中の嵐ファンに必死に謝ります.

でも,多分.
原作ファンの人ならわかってくれるかなーとも思っている.

垣添くんより低いのはちょっと・・・と思う.

じゃあ,誰ならいいんだと聞かれると.
パッと思いつくのが玉木さんだった.(それこそ身長から入ってる気はするけど.)
でも,違う役だった.
あの役の玉木さん,なかなかよかった.(もっと迫れよ!と思ったが.)

で,私としては,今現在,水野に合っている役者さんは,成宮くんだと思った.あの溌剌とした感じと,ふっと静かな演技になるときと.

とにかくニノではなかった.

すいませんすいませんすいません.

これ,多分原作を知らなかったら.
ちゃんとニノの水野に入り込めただろうし.
感動もできたんだろうけど.
(だってニノの演技が下手だったとかそういうことでは絶対ないんだもん.上手かったと思うし.)

最大のオチを知っていたのと.
原作の水野をすごく好きなことが災いしました.

私の勝手なイメージですが.

原作の水野は,普段は,「動」,そして,大奥での暗い一面を見たとき,「静」になる.
原作者は,「男女逆転の世界の中でも武士としての誇りを忘れない」というキャラクターを描かれたのかもしれないけれど,普段の水野は,明るく溌剌,どっちかっていうと,町人っぽい明るさがあって.で,ここぞって時には武士の一面を見せる.「動の中の静」を感じるんです.

片やニノの水野は,逆なんだよなー.「静の中の動」.劇中,何度も,あー,そっちで捉えるんだーって思った.
脚本や演出の影響もあるのかもしれないけど.

お信との別れのシーンで,原作にはあった,「おまえはどんどん綺麗になっていくのに,俺とは一緒になれない,なのにそれをそばで見ているのがつらい」(←台詞はこんなんじゃなかったけど,これに近い言葉),っていう台詞が映画ではカットされていたのも痛いし.
それを全部表情で演技させるっていうところに,ニノと真希ちゃんの演技力が買われているんだろう,ってことも,それをできる2人だっていうのも,・・・わかるんだけど.

原作のこの台詞に,2人の関係性が全部出ていると私は思って,すごい切なくなったんです,読んだとき.だから,大奥に入るって決めたっていうのも,あるんだよ,って.
だから,これを見たかったんだよなー.

あと,ご内証の方の実情を知ったとき,激昂してる杉下に,「お願いだそれ以上言わねえでくれ,心が曇る」っていう台詞も.
ニノは真逆の表現をしてた.
「静」なんだよなー.
オフィシャルブックで,金子監督がこのシーンの時,「彼にはやりたいことがあるように見えた」って言ってたけど.
これか・・・.映画行く前に読んで,何となく,違う解釈をするんだろうな,って気はしていたんだけど.

あと,全体的に暗かった(苦笑).
もうちょいコミカルっていうか,ぷっと笑える瞬間が原作にはあったし,木更津キャッツアイのメンバーが絡んでいるんだったら,もうちょい笑いの要素があってもよかったんじゃないかな,って私は思ったんです.
そこを,敢えて男女逆転の大奥の闇を描いた映画.
途中,やるせなくなった.
ホントに,「ここは,暗い」っていうのがよくわかった.

決して悪くない.
でも原作の水野とは違う.

そこまで原作らしさを求めるんだったら,映像化は必要ない.
確かにね.

わかっています.

潤君は.
マンガ原作の役が多くて.
見た目も合わせて,中味もできる限り研究して役を作っているイメージなんだけど.
だから,私,潤君のオリジナル作品には不安を覚えるんだよね(笑).
たいてい,「まあまあだったな」って思うドラマは,オリジナルが多い.

かたやニノに関しては,私は,「優しい時間」とか「あきまへんで」とか「拝啓,父上様」がすごい好き.
「流星の絆」もすごい好きだったけど,あれはやっぱり原作知らなかったからだと思う.
この間,原作の流星〜読んだら,

これ,ニノじゃねーじゃん.

と思ったから(笑).(ま,あれはクドカン脚本だったからね.)

やまたろも多分違うんだろうな.
私,どー見ても彼が王子様には見えなかったもん(笑).
わんこにしか見えなかった.(←おいこら.)

多分,GANTZや,「フリーター,家を買う」もそうなんだろうね.

だから,原作ありきのドラマ,映画で,作り手がここまでニノを使う理由は何なんだろう,と,最近不思議に思っているんです.

オフィシャルブックでニノは,「オリジナルの方が怖い.これやっとけば正解!っていうのがあるから」って言ってたけど.
私から見たら原作ある方が恐ろしくないか!?と思うわけです.
だってほら.
現に,私なんて,原作のイメージで大奥見ちゃってるじゃん.
それで,「違う!」って思っちゃってるじゃん.

そういうの,私だけじゃないと思うんだよね.
これ,ニノに限らず,原作ありきの作品に出る役者さんに対して,視聴者が思わずにはいられないことだと思うんだけど.

でも,役者さんが,原作通りにやるとは限らないじゃない?
で,多分,今まで見てきた感じだと,ニノは原作通りにやらないことが多い方だと思う.
そして,見た目も中身も,原作とは異なっていることが多い.

なのに使われるのは何故?
そこにおもしろさを感じてる人が多いから?
解釈の違いに興味を持っている人が多いから?

いずれにせよ,不思議だ!の一言に尽きるわけです.
二宮和也,まだまだ読めん!
深い!

フリーターは,ドラマ終わるまで読まんどこ(笑).

| みっこ | ニノの話 | 13:25 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:25 | - | - | pookmark |
コメント
みっこちゃん、こんバンビーノ☆
先日は素敵な誕生日祝いをありがとう!!
セッティングからプレゼントまで、何かとお世話さまでしたo(^-^)o

Yちゃんとのカラオケ、いつも楽しいよね♪
懲りずにお付き合いのほどを……

同級生の集まり、今でもしっかり出来ていて素敵だよね☆
カラオケは何度行っても楽しいものね〜


中学生の嵐人気は今や大変に高いわね〜
でもって、2位3位の方々がちょっと意外(笑)
モデルコンビの魅力はまだまだ分かりづらいのかしらね〜


職場の通信環境がガラッと変わっていて、それはビックリしたでしょう?
アダプタ_私が前職で関わっていた内容と関連があるのではないかなぁ。
ちょっと電話で話題にしていた時がありましたよね?

モデムは、壁から出た電話線やパソコンの線をつないで使う、お弁当箱程度の大きさの機械のことだよ。

無線LANは普通だとLANケーブルでパソコンとモデムを有線接続するところを無線接続で利用出来るシステムで、カード等を差して利用するもの。
距離が近ければ移動が可能で便利なの。

こういう時、どこでもドアがあれば私を呼んでもらって、業者さんに対応してあげられたのに(笑)
その後、快適な環境になったことでしょうね。

通信サービスも日進月歩でどんどん新しくなっているから大変よね〜
私達は今週後半から別の商材の研修が入るので、また頑張って勉強しますよ〜♪


久々に長文コメントで失礼しました。
いつもお邪魔させてもらって感謝です☆

| ともりん | 2010/10/14 6:34 PM |
ともりんさん、こんあいば☆
返信遅くなってすみませんm(_ _)m
そして、先日はありがとうございました。

通信環境、よくなったのか正直よくわかりません(苦笑)。
あまり使わないものですから。
でも、来年度からPCが変わるようなので、どうもその時に必要みたいです。
っていうことも変えてから知ったんですよ(汗)。
業者に対応するの私たちなんだから教えてくれ〜って感じです(笑)。

名古屋楽しんできて下さいね。
| みっこ→ともりんさん | 2010/11/24 4:45 PM |
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ