blog index

a day in their life

ファンブログやめて8年 ブログ休止して7年
活動休止宣言した嵐をあと2年 悔いなく応援しようと戻ってきた嵐ファンのブログ
<< TOKIO LIVE TOUR 2008 sugar | main | 耐えた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
TOKIO LIVE TOUR 2008 sugar
JUGEMテーマ:TOKIO


意外と「ひみつのアラシちゃん」にハマりそう。

こんあいバード☆
正直に言おう。

見る前はあまり期待してなかった(笑)。

ワタクシ、あの局のバラエティとは相性が悪くてですね(^^;)だから、今回も期待してなかったですけど。内容がすごく面白かった。
父も、「別に嵐である必要性はないけど、面白いね」って。
そーなの。私、最近までそれがやだったの。嵐である必要性が感じられなかったらやだったの。嵐の良さが出ないって思ったから。
でも、もしかしたら「嵐である必要性がない」ってことがミソなのかもしれない、って思います。別に嵐じゃなくてもいいんだけど、あえて嵐を起用してくれたということ。それが今の彼らの状況。つまりは知名度。マルチタレントですよ、完全に。アイドルという枠を飛び越えて、何でもできるようになってきた彼らの実力。それを裏付ける最近の人気の高さ。
嵐じゃなくてもできる番組を、彼らにくれたということは、それだけ認められてきたってことかな、と。ファンは見るだろうし、内容的に面白ければ一般の視聴者も見易い。嵐は、ジャニーズの中で、抵抗少なく一般受けしやすい方だと私は思ってます。
嵐らしさは、その枠の中で出していけばいい。出るか出ないかは、彼らの実力次第。初回を見た感じだと、

私は5人の喋りに爆笑した。(←つまり成功。)

楽しみが1つ増えて嬉しいです。

ひみつのネタが尽きたらどーすんだろという不安はとりあえず置いておこう(笑)。

ではTOKIOコンレポの続きへ。ラストです。
★MC

・ベーシストいじりスタート…の筈だった

太「じゃあ次は山口くんをいじろうか」

…あ、順番にいじってたのね。(←並び順は、ステージ向かって左から、太一くん、松兄ぃ、長瀬くん、リーダー、達兄ぃの順。)

暗黙の了解で、順番にいじり合ってる姿は、さすがというか、色々恐ろしいというか(笑)。

山「わかったよ。白状するよ。俺、やってる最中に、喉飴舐めてて。ここ(後ろのテーブル)に置いてあるんだけど。で、『歌う時は、出しなさいよ』ってことで、こっちに缶が置いてあるのね。だけど、今日焦って出せなくてさ。下に落っことしちゃったの」

達兄ぃでも焦るんですね。

山「そのまま知らんぷりしてようと思ったんだけど、リーダーに目撃されて、めっちゃ爆笑された」
城「焦ってたなあ」
長「いつもと並び違うからね。そういうの見えるよね」

演奏最中、歌番組で見る並びは、ステージ向かって左から、リーダー、長瀬くん、達兄ぃですが、今回は、長瀬くん、リーダー、達兄ぃなんです。

山「MCも並び違うからさ。さっきから、そっち3人でリーダーのこと、いじるじゃない。俺までいじられてる気分になるんだよね」

とばっちりですな。

山「いつもはMCの時、松岡がリーダーの隣にいるじゃん」
松「松岡がいるから、って何よ。アンタ、年上なんだから。たまには面倒見なさいよ」
長「面倒って(笑)」
太「面倒見なさいよ、ってどんだけ年取ってんの」
松「俺にばっかり任せないでさ」
城「もういい!1人で生きてくから!みんなに頼らんと、年金だけで生きてくからいい!」

会場爆笑。

松「や〜、さすがだね。さすが、リーダー。金の取れるトークしてくれるね!」

…どちらかというと、トークよりライブメインの筈。(←オッチャン達、芸人さん?)

太「でも、この時期、年金って出してくるところがすごいよね」
山「やっぱさすがだね〜」
太「でもよくあんな長い文章言えたね。みんな心配したよ。噛むんじゃないかって。ハラハラしたよ」

何話してたか忘れましたが、その前に肝心なところで噛みました(笑)。

・キーボードいじりスタート…ってか思い切り宣伝です

長「次は太一くんだね」
太「俺は何もないよ、白状するようなこと」
松「アンタ、あれ言った方がいいんじゃないの?」
太「そうだね。実は僕、4月で遂に全局制覇することになりました」

わーパチパチパチ!

山「すごいよね〜」
松「もうさ。国分太一チャンネルとか作っちゃえば?CSとかで」
太「そうしたい。12チャンネルでですね、料理番組をやることになりました」

注:この人の料理、相葉料理並みの危険さです。

太「あれはね、いつから始まるかと言うと、4月の…8日?22日?」
松「何お客さんに確認してんのよ」
太「…えー、4月の中旬に始まります」
松「まとめたね(笑)」

逃げたな。(←このグループに潤くんのような人はいないのです。本当にいつからなんでしょうか(笑)。)

太「俺があと制覇してないのは、ペイチャンネルだね」

えっとすいません。そいつはもしや…有料アダルトチャンネルのことか?(←そんな想像力を働かせてしまう自分が切ない。)
合ってる?(←聞くな。)

松「ペイチャンネル見てると、たまに城島茂みたいなのが出てくるよね」

問題発言。

城「何でや」
太「リーダー髪伸びんの早いよね。どんだけエロいの?」
城「エロくないわ!学生か!」
太「良かった。噛まなかったね」

じゃあ振るな(笑)。

松「ごめん、男にしかわかんないよね」

何となくわかってる女の私。(←腐っておる。)

太「でもさ。今日あそこの関係者席に偉い人きてるでしょ?さっき『どうですか?』って聞いたの。そしたら、『10人に1人オッサンがいます』って」

TOKIOは、男性ファン率高し。私の隣も男性でしたし、高校生くらいの男子集団もいたし、一家揃ってきてるのもたくさん見掛けました。長瀬くんが最後の方で挨拶した時も、「智也ー!」って、男性の掛け声してましたし(笑)。それに対して、「なあに?何か今の『カーンチ!』みたいだったね(笑)」って言ってました。

松「嬉しいことですよね」
太「ありがとうございます。いや、俺らも年とったよね。最近、ますます涙もろくなった。テレビ見てて、別に泣くとこじゃないのに、泣いちゃうもん」
松「サザエさんとか?」
太「そう!」

…疲れてませんか。

松「いや、でもホント、ワカメ程健気な子っていないよ」

…貴方まで。

長「パンツ見えそうだけどね」

・ドラマーいじりスタート…ツッコミの人はいじらないで下さい(涙)

城「続いては、松岡だけど」
松「俺は何もないよ」
長「髪切ったね」

無理矢理探さなくても。

松「これ始まる前に楽屋でね」

後ろとかめっちゃ剃ってて、鉛筆のよう(爆)。

城「すっきりしたな」
太「そんなに刈り上げるのは、お前かワカメくらいだよ」
松「あ、そこに持ってくの?」

えっと、刈り上げてんのは、どっちかというとカツオじゃね?(←ワカメはオカッパだっつーの。)

太「あ、X Japan始まったかな」

同じ日だったんです。(確か2日目。)

山「大丈夫かな、今日は」
太「ドラムごと倒れていっちゃったんでしょ?まあライブに失敗はつきものだよね」
松「ひどかったな、昔。フライングやってたからね」
長「俺、客席に落ちた」
松「お前はまだいいよ。俺、何もないところに落ちたもん」

ジャニーズっぽいこともやってたんですな。

松「っていうか太一君さ、『徹子の部屋』でその話すんのやめてよ。見てたらびっくりしたよ。『うちの松岡が落ちました』って」
太「いやあ〜、緊張してさ。あの雰囲気、慣れないね。そして、『徹子!』とは呼べないよね」

恐れ多い。

松「そりゃ無理でしょ(笑)」
太「でもさ。『徹子の』部屋、だよ!?部屋に遊びに行くって感じでしょ?でも、遊びに行く感覚じゃないよね」
松「見事にばっさり切られるしね」
太「そう。フライングの話したときも、『あー、そりゃ大変でしたねえー。ところでリーダーの城島さんは』ってすぐ変えられたもん(笑)」

徹子さん、マイペースですから。

太「でもさ。その時のスポーツ紙の見出し、恥ずかしかったよね」
松「『TOKIOが空を飛ぶ』。まんま(笑)」

客席爆笑。

太「今笑った人、だいぶいたね。増えたよね、笑う人」
山「みんなも年とったね」

まだ若い方の部類に入る筈の私も思い切り笑ってしまったんだが。

太「明らかに大笑点のおかげだよね」
長「DASH村とね」
松「街での声のかけられ方とか変わってきたもん。『マグロ!』って。『すごかったね〜マグロ!』って」

認識されて…るのよね。

・再びボーカルいじりへ…皆さん、予定を把握して下さい(涙)

太「じゃあ次は長瀬だね」
長「俺!?さっき言ったじゃん!」
山「や〜長瀬もね。だいぶすっきりしてきたよ」
太「一時期ゴリラみたいだったもんね」

髪少し伸ばせばいいと思うの。昔みたいに。

山「俺さ、土曜日の志村動物園好きで毎週見てるんだけど」

ありがとう!(←何故アンタが礼を言う。)

山「この間見てたら、長瀬がいる!って思ったら、パンくんだった」

サイズ違いますから。

松「パンくんってあれでしょ?相葉が可愛がってるチンパンジーでしょ?」

どっちかというと、可愛がってるのは、相葉ちゃんより、志村園長です。(←オッチャン達、どんどんグダグダっす(笑)。)
相葉さんは、意外とパンくんとの絡みは少ないよね。

山「そうそう。しかも、パンくん、ゴリラじゃなくてチンパンジーだしね」

アニイ、しっかりして(笑)。

長「まあそんな僕らですが、夏もライブやることになりました」

嵐コンないなら、夏休み、TOKIOで遠征しようかな。

長「えーっと、いつからだっけ」

覚えようね(笑顔)。(←そういう私も覚えてない。)

山「どうする?何やる?」
長「曲どうしよっか」

本番中に会議すな(笑)。

太「じゃあさ。お客さんは何やってほしいんだろう?」
松「何がいい?」
客「ダンスー!」
松「ダンスー!?」
長「いやいやいやいや(笑)!」
太「無理無理無理!」
山「ダンスは厳しいなあ」

全否定ですか。

太「リーダーとか絶対無理でしょ。本番中に倒れちゃうよ」

オッチャン通り越してじーさんですぞ。

以上、覚えてる限りのMCです。

★メンバーウォッチング

・長瀬くん

終始楽しそうだった。
私の記憶では、ツアー終わりは、毎回喉を痛めてることが多くて、音外しちゃってることが多かったんだけど、今年は上手かったです。
バラエティでは、ほわん(´∇`)としてて、天然さんのイメージですが、ライブではボーカルとして、会場全体を引っ張ってくれて、本当に頼もしかった。

・松兄ぃ

ドラムって、始めと締めが激しいから、本当に体力が必要だと思う。時々ストレッチしてました。「熱気で脱水症状気味で、体がつりました」って最後の挨拶で言ってたので、少し心配でした。
彼は、連携プレーでボケまくるTOKIOの唯一のツッコミ役で。本当に素早く的確にツッコんでくれるので、嵐コンレポほど、私はツッコミをしなくていいだろうと思っていたら…途中から、グダグダしてきて、やっぱり私はツッコミをすることになった(苦笑)。頼むよ、松兄ぃ。ツッコミどころ満載なのは、嵐で十分だよ(笑)。

・太一くん

彼も終始楽しそうだった。ノリノリで会場あおってた。…何度、「キーボード弾こうよ」と思ったことか(笑)。
歌うことが少なくなった分、キーボードのソロが多く、さすがにそれはやってました(笑)。すごいスキルアップしてました。
あとは、かっこよく決めてくれれば、何も言うことはありません(笑顔)。要所要所で変顔すんのやめて下さい(笑)。

・達兄ぃ

結婚の話してくれなかったのが残念。(←祝う気満々だったのに(ToT))
ベースとして、安定保ってくれてました。歌も上手くて、ちょっと泣きそうになった(笑)。
でも案外抜けてるな、と思った(笑)。しっかりしてるし、臨機応変にボケてくれるし、機転がきくんですが。細かいところで、「大丈夫かあ〜」ってことがある(笑)。

・リーダー

ギターソロ多かった。そして、かっこいい!私は楽器を一切やってないから、わかりませんが、多分相当レベル高い。
ここ最近、衣装をツッコまれるのがライブでの定番になっている(笑)。そして、あれだけかっこよくギターを弾いてるのに、メンバーに常に体を労られてる(笑)。長瀬くんに「俺がしゃべってる間に、体力温存してもらうから」とか(^^;)

TOKIOコン、何だか久々に楽しかった。しかし、長瀬くんも言ってましたが、「俺らだけじゃなく、皆さんもアダルトになった」と。そうだよな。私がTOKIOを好きだと思ったのって、確か10歳〜11歳くらいですから。

…10年は経ってるわけで。(←驚愕。)

わあ…そりゃTOKIOもオッチャンになるわけだ(笑)。

以上、TOKIOコンレポでした。

さて、次回から通常営業、嵐トークに戻ります。ラジオレポ…何回分たまってるのか考えたくない(苦笑)。
| みっこ | TOKIOの話 | 23:00 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ